カードローンを賢く使う

カードローンの乗り換え

カードローン、色々な会社が色々な金利、サービスで提供しています。カードローンで借りたのはいいけれど、金利が高い、サービスが不便といった理由で借り換えたい人もいるでしょう。結論から書くと、カードローンの借り換えは可能です。

■金利なら銀行系のカードローンがおすすめ

金利が高い場合には、銀行系のカードローンに乗り換えるのもお勧め出来ます。銀行系は、例えばソニー銀行などでは、業界最低金利を売りにしていたりしています。他にも、イオン銀行や楽天銀行など、ネット系の銀行はカードローンの金利が安いことが多いようです。勿論メガバンクや地方銀行なども金利が安いところが多いので、銀行系のカードローンをチェックするのがお勧めと言えます。特に地元の地方銀行は、ATMも多く、おまとめローンといったサービスを提供しているところも多いので、そちらに乗り換えるのもいいでしょう。

■金利以外のサービス面について

例えば、返すのがATMのみなので銀行引き落としに変更したいなど、返済に手間のかかるカードローン会社もいくつかあるようです。そういったところから、銀行引き落としが出来るカードローンに乗り換えるのもいいかもしれません。借り入れ、返済の選択肢が多いカードローンが、実際利用していて便利なことが多いので、金利以外のサービスもチェックしてみましょう。

■カードローンの乗り換えは審査に注意!

カードローンを乗り換える場合に注意する点は、借り換えの場合審査が若干厳しくなる傾向があることです。特に過去、返済に滞りがあると乗り換えられないこともありますので、返済は滞りのないようにしましょう。

カードローン利用可能枠の増やし方

カードローン、折角申し込んでも利用可能額が少ないことがありますよね? これは増やすことも実は可能です。カードローンの利用可能額を増やすには、大きく分けて2つの方法があります。

■毎月こまめに返済する

カードローンから借り入れを行い、毎月きっちり返済していると、カードローン会社から利用可能額の増額連絡がくることがあります。これが一番確実に利用可能額を増やす方法です。ただ、この方法は信用を積み重ねる必要があるので、時間がかかるのが欠点といます。

■カードローン会社に増枠を申し込む

そこまで待てない! というかたは、カードローン会社に再度増枠出来ないか、再審査の申し込みをすることも出来ます。再審査は通常の審査より厳しい傾向にありますが、通れば利用可能額を増枠することが出来ます。

■他社に申し込んでみる

これ以外の方法としては、他のカードローン会社に新規で申し込んでみるという方法もあります。カードローン会社の審査や利用可能額は、各社異なりますので、A社では利用可能額10万だったのに、B社では利用可能額50万ということもままあるようです。乗り換えることで利用可能額を増やすことも出来ますので、今利用しているカードローン会社の利用可能額が少ない場合は、乗り換えを検討に入れてみるのもいいでしょう。ただ、乗り換えたからといって、確実に利用可能額が増額されるわけではないので、その点は注意が必要ですね。

リボルビング方式はダメ!

カードローン会社だけではなく、クレジットカード会社の多くが勧めてくる返済方法が所謂「リボルビング払い」です。この支払い方法は一見毎月の支払いが決まっているので負担が小さいように見えますが、実は金利が一番かかる返済方法です。

■何故リボルビング払いがダメなのか?

リボルビング払いは、毎月の支払い額が一定のため、なかなか元本が減らないというリスクがあります。元本が減らないということは、いつまでも金利がかかるということなので、返し終わった時の総返済額が大きくなっていまいます。

■リボルビング払いしか選べない会社も多いけど……?

確かに、カードローン会社によっては一見リボルビング払いしか選べないところも多々あるようですが、よく規約をみてみると、それ以外の支払い方法もちゃんと用意してある会社が殆どです。カードローンを利用する際は、極力リボルビング払いは避け、他の返済方法を選ぶようにするのが、金利がお得になると言えますね。

■リボルビング払いの落とし穴

このように、一見便利に見えるリボルビング払いも、金利を計算するととんでもない数字になりますので、利用しないに越したことはないと言えそうです。賢く借りて賢く返すには、リボルビング払いは利用しない方がよいと言えそうです。

計画的に返済する方法

便利なカードローン、返済は計画的に行いたいですね。返済を計画的に行うためには、借りる前に返済出来る余裕が家計にあるのかを計算することが肝要です。計画的に返済するには、自分自身の収入をきっちり把握することから始めましょう。

■家計簿を付けよう

自分自身の収入、支出を把握して、計画的に返済するためには家計簿を付けることをお勧めします。家計簿を付けると、自分が何にいくら使っているのがわかります。支出が判れば、無駄がわかるのでその部分を節約出来るのか、いくら返済に回せるのかが把握出来ます。

■収入と支出を把握して、返済可能額を調べておこう

家計簿を付けることで、自分がいくらまでなら返済出来るかがわかります。そこから逆算して、返済計画を立てることが重要になってきます。月にいくらまでなら返済出来るのか、その返済額で借りられる金額はいくらなのかを調べておきましょう。

■返済シミュレーションを立ててみよう

多くのカードローン会社のサイトでは、返済シミュレーションが出来るページがあります。そこで実際に借りる前に、いくら借りたら月にいくら返さないといけないのか、事前に調べることが出来ます。そして、返済シミュレーションで問題ない額を借りることが、計画的に返済するのに必要な点になります。

■まとめ

このように、家計簿を付ける、返済シミュレーションを利用する、自分がいくらまでなら返済出来るか把握することで、計画的に返済出来るようになります。勿論、急な収入があった場合は、早めに返済することも計画的な返済には必要ですね。

即日融資のお金をしっかり返す方法

即日融資、便利ですね。急にお金が必要な時は助かりますが、返済計画をしっかり立てておかないといけません。即日融資のお金をしっかり返すためにはどうしたらようのでしょうか?

■返済の計画を考えておく

まず、即日融資を受けるシチュエーションとしては、急な出費が挙げられますが、しっかり返すためには、翌月の収入で返せる範囲の金額を借りることが大切と言えます。翌月にしっかり返済するには、借りる金額も必要最小限に抑える必要があると言えますね。

■已むを得ず翌月一括で返せない場合は?

殆どのカードローンでは、一括払い以外にも、様々な分割支払いが可能となっていますが、分割払いの場合は長引けば長引くほど金利が嵩みますので、出来るだけ早く返す必要があります。また、分割で支払う金額も払える金額にしておきましょう。

■ボーナスなどの収入を活用する

また、支払い途中でも夏や冬のボーナスなどで、一括で払うのもよい方法と言えるでしょう。カードローンで借りたお金は、出来るだけ早く返済するのが、金利を節約するポイントと言えそうです。

■それでも已むを得ない場合は銀行などへの借り換えを検討する

もし、どうしても即返せない場合は、金利の安い銀行などのローンに借り換えるのもいい方法かもしれません。ローンの借り換えは審査が厳しい傾向にあるようですが、支払いが年単位になりそうな時は、そういった金利の安いローンの借り換えを検討するのもよいでしょう。

返済が滞りそうだったら?

便利なカードローンですが、已むを得ず支払いが滞る場合もありますよね? そんな時はどうしたらいいのでしょうか? そんな時は慌てないことがまず肝要です。では、返済が滞りそうな時にどうしたらよいのか、案内していきます。

■まずは慌てずカードローン会社に連絡

返済が滞りそうな時は、まずカードローン会社に連絡することが重要です。どれくらい遅れるのか、いつなら返済出来るのかを伝えることが大事です。カードローン会社も最大でだいたい3ヶ月までの返済遅れであれば、支払い額を調整してくれるところが多いです。

■支払いが遅れた場合の遅延損害金は?

支払いが遅れた場合は、当然遅延損害金が発生します。金利にすると20%前後のところが多いので、ボーナスなどでお金に余裕が出た場合は、遅れた分を早めに返すことをお勧めします。

■そもそも滞らないような返済計画を!

このように、カードローンは支払いが遅れると金利が多くなるので、遅れないに越したことはありません。また、支払いが遅れそうなので他のカードローンから借りると自転車操業になるので、それも避けた方がようでしょう。大事なのは、カードローンを借りる前に返済計画をしっかり立てることが必要と言えますね。

■支払いがずっと遅れると?

支払いの遅れが3ヶ月以上になると、信用情報に記載されることがあります。そうなるとクレジットカードや他のカードローンの審査、住宅ローンやカーローンにも影響しますので、どのような状況でも、3ヶ月以上は遅れないようにしましょう。

返済計画表を作ろう

カードローン、上手に使えば便利なサービスですが、返済の計画をしっかり立てておく必要があります。返済計画書を前もって作っておけば、安心して借りることが出来ます。そこで、返済計画書の作り方を簡単に案内しますね。

■返済計画書の作り方

まず、殆どのカードローン会社では、借り入れをする前に返済シミュレーションをインターネット上で確認出来るようになっています。まず、いくら必要なのか、そしていつ返せるのか、そしていくらずつなら返せるのか、しっかり確認しておく必要があります。確認が終わったら、借りる金額とカードローン会社の返済額を返済シミュレーションで確認し、無理のない返済計画になっていないかまずは確認します。

■返済計画書は家計簿にも付けよう

返済計画書を書いて紙で保存するのもいいのですが、家計簿に付けておくと、いくら返済額があり、いつまでに返済出来るのかが明確になります。家計簿と返済計画書はまとめておくのが、賢いお金の管理方法です。

■スマートフォンの家計簿アプリなども活用してみよう。

スマートフォンの家計簿ソフトでは、借り入れなどのカードローンなどにも対応しているものがあります。また、カードローン会社によっては、自社アプリを提供しているところもあります。中には家計簿機能のついたカードローンアプリもありますので、そのようなものも活用すると、返済を含めた支出や収入がわかりやすくなるのでお勧めと言えそうですね。

返済方法は融資前にしっかり確認

便利で手軽なカードローン、その返済方法は借りる前にしっかり確認しておきたいですね。カードローン会社によるよ、主な返済方法は「毎月定額払い」「定額リボルビング払い」「スライド式リボルビング払い」「金利込み定額払い」など、色々あります。

■どの返済方法がいいの?

短期ですばやく返すのであれば、全額一括払いが一番金利がかからなくてお勧めです。已むを得ず長期に渡って返す場合は、毎月定額払いやリボルビング払い、金利込み定額払いなどがありますが、これらの支払い方法は複利で金利が大きくなる傾向があるので、このような支払い方法を選択した場合でも、ボーナスなどでお金が入ったら、一括で返済するのがお勧めです。

■カードローンを借りる前に考えておきたい返済方法

カードローン各社は、リボルビング払いを勧めてくるところが非常に多いです。リボルビング払いの場合、確かに毎月の支払い額は一定になりますが、返済期間が長くなるのがデメリットになります。返済方法はカードローン各社のサイトに詳しく載っていますので、借りる前に返済方法をしっかり確認することが肝要と言えます。

■賢く借りて賢く返そう!

カードローンは金利があまり安いとは言えない傾向があるので、短期で借りて返済も1度で済ませるのが、賢い使い方と言えそうです。長期に渡っての返済をする場合は、無理のない計画を立てておきましょう。

無利息のカードローン

実は、カードローン会社によっては、短期間の融資であれば利息が0円のところもあります。例えば、ノーローンやプロミスなどが有名です。こういったカードローン会社で借りた場合、1週間や1ヶ月以内に全額返済すれば、無利息でお金を借りることが出来ます。

■無利息で借りる条件

ただ、無利息で借りるには、いくつか条件があることがあります。例えば、インターネットからの申し込み限定や、同時に口座開設が必要などといった点です。この条件をクリアした場合のみ、無利息で借りることが出来るようです。

■何故無利息で借りることが出来るのか?

無利息で借りることが出来るカードローン会社は確かにいくつかありますが、無利息で借りられると、カードローン会社は利益がありませんよね? では何故無利息で借りることが出来るのでしょうか? それはカードローン会社は申し込み者を増やしたいというのが一番の理由だからです。例えば、カードローン会社はアフィリエイトプログラムなどで、様々なサイトに広告を出稿し、その広告経由で申し込みがあった場合、サイト運営者にお金を支払っているようです。とにかくカードローン会社としては、加入者を多く増やすことが目的なので、短期限定、条件付きではありますが、無利息のカードローンを提供しているところもあるというところです。

■無利息のカードローンは賢く利用しよう!

このように、カードローン会社の競争や思惑はあるにしろ、利用する立場で考えると無利息で利用出来るのは便利と言えますので、賢く利用しましょう。

融資の返済方法を徹底調査

カードローンの融資を受ける際に、気になるのは返済方法ですね。返済方法は色々ありますが、どのようなものがあるか、ひとつひとつ見てみましょう。

■リボルビング払い

カードローン各社が勧めてくる支払い方法です。カードローン会社によっては、このリボルビング払いしか選べない会社もあります。リボルビング払いは毎月の支払い額が一定なので便利なように思えますが、その分金利が高く付くというデメリットがあります。

■毎月元本定額払い

融資額にかかわらず、毎月最初の契約に応じた額を支払う方法です。リボルビング払いと似ていますが、定額払いの場合、元金が定額で、それに毎月の金利を上乗せした金額を支払う方式が多いです。最初の月は支払いが多いですが、徐々に支払い額が減っていくのが特徴と言えます。金利を抑えたいけど即返すのが難しい方にお勧めと言えます。

■ボーナス一括払い

夏や冬に一括で返す方式です。ただボーナス一括払いに対応したカードローン会社はあまり多くありませんので、実際にこのような返済をしたい場合は、一旦リボルビング払いなどで契約し、ボーナス月にまとめてATMや振込で返すという形が一般的になります。金利も節約出来るので、比較的お勧めの返済方法です。

■短期一括払い

いくつかのカードローン会社が提供している、一種間や一ヶ月以内に全額返済すれば金利がかからない返済方法です。この返済方法を利用すると、金利が0円で済むのでお得に借りることが出来ると言えます。この金利0円が適用されるためにはカードローン会社によっていくつか条件がありますので、詳しくは各カードローン会社のサイトを確認するようにしてくださいね。