カードローン初めてマニュアル

カードローンって?

カードローン、よくCMやインターネットの広告で見かける機会も増えてきましたね。カードローンとは、銀行系、ノンバンク系、消費者金融系などの会社が、手軽に利用出来るように提供している少額、短期向けのローンです。

■カードローンのメリット、デメリット

カードローンは前述したように、少額、短期向けの利用に適しています。よって、メリットとしては急な出費や、一時的な借り入れに適していると言えます。ただ、デメリットも当然あります。デメリットとしては、金利が通常のローンより高めである点が挙げられますので、自動車などの高価な買い物で利用するには適していません。あくまでも、緊急性の高い出費に限定して利用するのが賢い使い方と言えるでしょう。

■カードローンと上手く付き合うためには?

カードローンは、手軽な分金利が高めなのが特徴と言えるので、カードを作っておいて、普段は使わず、いざと言うときに一ヶ月程度借りるというのが賢い使い方と言えるでしょう。また、申し込みもインターネットだけで出来る会社が殆どなので、家族に内緒でカードを作っておきやすいのも特徴といえます。

■カードローンを利用するポイント

まとめると、カードローンを利用するポイントとしては、低額の利用に留める、即返せる時だけ利用する、あくまで緊急的な用途に留めるといったところがポイントになります。賢く借りて賢く返せば、カードローンは便利と言えますね。

カードローンでお金を借りるのに必要な書類

「今月お金がピンチ!」「給料日まで至急お金が必要になった!」そんな時に便利なのがカードローンですね。でもカードローンでお金を借りたいと思っても、何が必要なのかわからない、そんなあなたへカードローンで必要な書類を簡単に紹介します。

■カードローンでは何が必要なのか

今、銀行系、ノンバンク系を含む殆どのカードローン会社では、運転免許証、健康保険証などの身分証明書だけで借りられるところが殆どですが、一部オリコなどの大手のカードローンでは、ネットの申し込みだけで身分証明書を提示せず、カードローンのカードを発行して貰える所もあります。

■書類提出なしで借りられるカードローンとは?

基本的に書類提出なしで借りられるカードローンは、ネットでの申し込みが必須になります。ネットで必要事項を記入し、カードローンのカードを受け取る時に運送会社の人に身分証明書を見せ、受け取るという仕組みです。これなら書類提出なしでカードローンが利用出来るので便利ですね! また、カードローン会社によっては、免許証をスキャナでスキャンし、ネット上で提出するところもあるようです。

■カードローンでお金を借りるのに必要な書類のまとめ

まとめるとカードローンでお金を借りるには、所得証明などは不要で、身分証明書だけで大丈夫なとことが殆どと言えます。ただ、所得証明が不要なカードローンの場合、借りられる上限額が100万円程度であることに注意しましょう。100万円を超える利用の場合は、所得証明書や納税証明書などが必要になるところが殆どなので、その点だけ気を付けてください。

カードローンで土日祝日にお金を借りるには?

土日祝日、急にお金が必要になるときってありませんか?しかも給料日前でお金がない。そんな時に便利なのがカードローンですね。カードローンなら、予めカードを作っておけば、土日祝日も必要な時にお金を借りることができます。

■土日祝日も借りることの出来るカードローン会社

例えば、プロミスなどのネットから申し込める会社が対応していることが多いです。他にも色々な会社が土日祝日も借りられると公式サイトで紹介していますので、ネットでチェックするとよいでしょう。ただ、中にはイオン銀行カードローンのように、土日祝日も借りられますが前もってイオン銀行の口座を作っておく必要のあるカードローンもありますので、急ぎの際は気を付けておいた方がいいかもしれません。

■土日祝日にカードローンでお金を受け取る方法は?

殆どの土日祝日に借りられるカードローン会社は、提携ATMからお金を引き出すことが出来ます。しかし、提携ATMの中では土日祝日に対応していないATMもありますので、そこは注意が必要です。土日祝日に対応しているATMとしては、コンビニに設置してあるATM、有名なところではセブンイレブンのATMや、ゆうちょ銀行のATMが対応しています。

■土日祝日、カードローンを借りるために押えておきたいポイント

この3点がポイントになりますので、頭に入れていきましょう。

1.ネットや店舗で受付をしている
2.土日祝日に対応しているATMと提携している
3.銀行系は口座開設が条件になっている場合があるので、
利用するなら口座を開設しておく

上記を踏まえ、計画的にカードローンを土日祝日に利用しましょう。

カードローンのATMでできること

カードローン、ATMで借りられるところが殆どですが、カードローンのATMでできることが気になりますよね? 実は、カードローン会社によって若干異なりますが通常の銀行と同じサービスが受けられるところが殆どのようです。

■銀行とカードローンのATMの違い

銀行の場合は、提携先のATMだと手数料がかかることがありますが、カードローン会社によっては、手数料無料で借り入れ、返済、残高照会などが出来ます。また、コンビニのATMと提携しているカードローン会社では、24時間借り入れ、返済、残高照会が出来るようになっているので、深夜でも便利に使うことができます。

■カードローンのATMのデメリットは?

カードローン会社によっては、手数料がかかることもあるようです。また、提携先ATMによっては、24時間使えないところもあるので注意が必要です。ただ、ゆうちょ銀行のATMは殆どの会社が手数料無料で使えるところが多いようです。

■カードローンのATMは便利なの?

結論から言うと、提携先にもよりますが便利に使えるところが多いと言えそうです。いつでもどこでも24時間借り入れ、返済、残高照会が出来るので、臨時収入が入って早く返済出来る時もいつでも返済できるのは便利といえますね。また借りる時も、いつでも借りられるのはメリットと言えそうです。

カードローンのブラックって?

カードローンのブラックとは、どの審査にも通らないブラックリストに載っている方の事を指します。では、ブラックリストとは一体何のことでしょうか?それは大きく分けて自社ブラックと呼ばれるものと、CICなどの信用登録機関に登録されている不払い、未払い情報が記載されているブラックリストと呼ばれるものの二つがあります。

■自社ブラックと通常のブラックリストの違い

ブラックリストは、大きく分けて2つあります。一つは自社ブラックと言われる、その会社のみで借りることの出来ない方のことです。自社ブラックに載るかたは、その会社で以前未払いが多かったなどといった情報をカードローン会社が記録しているパターンです。このパターンだと、そのカードローン会社や関連会社の申し込みは基本的に出来ません。それに対して信用登録機関でのブラックリストの場合は、どの会社でも基本的に申し込みが出来ません。

■ブラックリストに載ってしまったらどうしたらよいか?

先述の通り、自社ブラックの場合はその会社からの申し込みは原則不可能になりますが、信用登録機関のブラックリストと呼ばれるものの場合は、CICなどの信用情報登録機関に問い合わせて、現在の未払い情報を確認し、未払いのある会社へ返済すれば、登録を消して貰えます。どちらにしても、未払いがあるうちはカードローンは利用出来ないと考えた方がよいので、未払いのあるかたは確認して即完済することをお勧めします。

カードローンの金利って

カードローンの金利、カードローンを利用するにあたって一番気になる点ですね。金利は例えば大手のプロミスの場合、500万までで4.5%〜17.8%(実質年率)となっているようです。他のカードローンの場合でもほぼ同じ金利になっています。

■カードローンの金利にほぼ差が無いのは何故?

実はカードローンの金利は、利息制限法によって上限が定められており、それ以上の金利で貸し出すことは出来なくなっています。利息制限法によって定められた上限金利は、金融庁のサイトによると、貸付額に応じ15%〜20%となっています。これを越える金利は無効とされていますので、どのカードローンでも上限金利以上の金利を取られることはありません。

■カードローンの金利0って何?

カードローン会社によっては、30日や2週間以内に返済すれば、金利が0というところもあります。短期での利用の場合、こういった会社のサービスを利用すると金利なしでカードローンを利用することが出来るので便利と言えるでしょう。

■カードローンの様々なサービスとは?

このように、カードローンを利用しても上限金利以上の負担はありませんので、安心して利用出来ることが出来るのはメリットと呼べるかもしれません。また、借りる方の収入や借りる金額によっては、銀行並みの低金利で借りることの出来るカードローン会社もありますので、金利を調べて賢くカードローンを利用するのがお金の節約に繋がる可能性もありますね。

カードローンの限度額って?

簡単ですぐ利用出来るカードローン。気になるのはその限度額ですね。一般的に多くのカードローン会社では、大体100万円前後が簡単に借りられる限度額のことが多いようです。それ以上になると、所得証明書など様々な書類や手続きが必要になる会社が大半です。

■限度額は100万が一つの目安

大手カードローンの大半、例えばプロミスやオリコ、モビットなどでは、限度額100万までであれば即審査、融資となる場合が殆どです。ノンバンク、消費者金融系はどの会社も100万までの融資が一つの目安になるでしょう。銀行系では200万までのところもいくつかありますが、口座開設や定期預金が条件になっている場合が多いと言えます。

■実際は限度額100万で十分?

カードローンを利用するシチュエーションでは、給料日までに急にお金が必要になった。急病で病院代が足りないなどといった、緊急性の高いものが多いので、100万の限度額で実際には十分と言えるでしょう。100万を越える融資が必要なものは、住宅ローンやカーローン、学資ローンといったものが殆どなので、あまりカードローンの性質に合わないものが多いと言えますね。さっと借りてさっと返すカードローンとしては、100万の限度額で十分と言えるでしょう。

■カードローンは短期に利用に最適?

このように、短期でさっと借りられるカードローンは100万までの限度額で困ることはないと言えるでしょう。また、カードローンは金利が高いことが多いので、これ以上の限度額だと返済に困る可能性が高くなります。限度額100万なら、計画的に利用しやすいので、それがカードローンのメリットと言えそうですね。

カードローンの審査って?

急な出費の時に便利なカードローンですが、勿論審査はあります。カードローンの審査はクレジットカードや通常のローンと殆ど変わらない形になっていますが、会社によって若干違うようです。

■カードローンの審査ってどのような流れ?

今、カードローンの殆どが、自社審査とCICなどの審査機構の登録情報の組み合わせで審査していいます。CICとはクレジットカード会社などが利用している審査機構のことで、銀行やノンバンク、住宅ローンなどの銀行などの融資の情報を管理しているところです。殆どのカードローンではまず審査機構の情報を確認し、借り入れ状況などを確認してから、自社審査に入るところが殆どのようです。

■自社審査と審査機構のチェックについて

カードローンの場合、自社審査はクレジットカード会社より若干甘めになっているところが多いようです。殆どのカードローン会社では、審査機構で問題がなく、定期的な収入があれば、審査に通ることが多い傾向にあります。ただ、今は審査機構で問題がなくても、カードローン会社やその関連会社から以前融資を受けて未払いがあったりすると、審査が通らないこともあるようです。

■カードローンの審査についてのまとめ

まとめると、審査機構の登録情報に問題がなく、自社審査でも問題がないと判断されなければ、カードローンを利用することは出来ません。審査機構の登録情報が気になる人は、直接CICなどに問い合わせると、1,000円程度の手数料で自分の登録情報をチェックすることが出来ますので、確認してみるのもよいかもしれませんね。

カードローンの利息って?

便利で手軽なカードローン、気になるのはその利息ですね。利息の上限については利息制限法で定められているのでどの会社も上限は似たり寄ったりですが、下限の利息については、数%程度の会社もいくつかあるようです。

■カードローンの最低利息は?

例えば、ソニー銀行のカードローンは最低2.5%の利息のようです。調べてみると全体的に銀行系のカードローンが低利息になっているようです。ただ、注意したいのは最低利息でカードローンを借りるには、その銀行の口座に定期預金をしているなど、条件がいくつかあるところが多いようです。

■もし支払いが滞ったら? 気になる延滞利息

カードローンは計画的に利用しなければいけませんが、もし返済が滞ったら遅延損害金の利息がかかります。この額は利息制限法に定められており、制限利率の1.46倍までとされています。大凡の金額は年利20%半ばといったところです。延滞利息がかかると、返済計画にも支障をきたすことがありますので、支払いが滞ることのないように気を付けなければいけないですね。

■カードローンの利息って高いの?

結論からいうと、カーローンや住宅ローンと比べると割高と言えるかもしれませんが、元々カードローンは短期で少額を借りるのが主な用途なので、利息が高くてもあまり気にすることはないかもしれません。カードローンの利息は出来るだけ多く払わないよう、さくっと借りてさくっと返しましょう。

サラ金との違い

サラ金、一昔前はテレビCMも多く、多くの方々が気軽に借りられるということで利用されていたサービスですが、その金利の高さや取り立ての厳しさで社会問題にもなりました。そしてサラ金は出資法と利息制限法の間の所謂「グレーゾーン金利」で金利を設定し、貸し出しをしていましたので、今と比べるとかなり高い金利で貸し出しを行っていました。結果多くの人が自己破産に追い込まれ、グレーゾーン金利の見直しに繋がりました。

■サラ金とカードローンの違いって?

サラ金は、前述のように法の網を上手くくぐり抜け、如何にも便利で手軽なイメージを植え付けながら貸し出しを行っていましたが、それもグレーゾーン金利の見直しや、過払い金返還請求などにより、サラ金は今はほぼ無くなっていると言えるでしょう。また、かつてサラ金と呼ばれていた会社も、銀行などと業務提携して、サラ金より安心して利用出来るカードローン会社として生まれ変わったところも多いですね。

■サラ金って今でもあるの?

かつてサラ金と呼ばれていた会社は、今ではカードローン会社になったり営業停止になったりした結果、法律に違反するヤミ金融以外は無くなったと言ってもいいでしょう。また、かつてサラ金と呼ばれていた会社も、今ではカードローン会社に生まれ変わっており、かつてのブラックなイメージは払拭されています。

■カードローン会社って信頼出来るの?

かつてのサラ金と比べると、信頼出来ると言ってもよいでしょう。金利もサラ金より安くなっているので、計画的に利用すれば大きな問題はないと言えそうですね。

ノンバンクって?

ノンバンク、聞いたことのある方もいるかもしれません。ノンバンクとは、銀行ではない金融系の会社を指す言葉です。大きな枠組みだと消費者金融系もある意味ノンバンクと言えなくもないですが、最近の消費者金融系の会社の中には、銀行傘下の会社もありますので、そういった会社はノンバンク系とは言えません。

■ノンバンクと銀行って何が違うの?

銀行は、基本的に金融庁に銀行として届け出る必要があります。銀行業については、金融庁のサイトに詳しく書かれていますが、所謂預け入れや大型の融資などが特徴と言えます。対してノンバンクは、金融庁に届け出る必要があるのは銀行と同じですが、銀行より業務内容が制限されています。具体的には、小口の貸し出しに限定される、などです。

■ノンバンクのメリット、デメリットは?

ノンバンクは、銀行とは違う法律で業務内容が定められていますが、銀行以外の様々な会社が参入しており、競争が激しいことが特徴と言えます。競争が激しいので、各社様々な金融サービスを提供しているのがメリットと言えそうです。デメリットとしては、新規参入した会社などは提携ATMが少なかったり、手数料が別途必要だったりすることもあるので、申し込む前によく調べておく必要があるのがデメリットと言えそうです。しかしデメリットの部分はちゃんと調べれば回避出来ます。

■ノンバンクって信頼出来るの?

ノンバンクは銀行系ではありませんが、ちゃんと金融庁監督の元に業務を行わなければならない法律があるので、銀行と比べても信頼出来ないということはありません。そういう意味では安心して利用出来るサービスを提供していると言えますね。

学生に最適なカードローン

「学生さんは金がない」昔の携帯会社のコマーシャルで有名になったフレーズですね。今はさっぱり聞かなくなりましたが、学生に最適のカードローンもいくつかあるようです。
学生だとどうしても急なコンパなどでバイト代の振り込みまで間に合わない、そういったケースも多々ありますよね? そういった時に便利なのがカードローンかもしれません。

■学生向けのカードローンについて

まず気を付けて頂きたいのは、18歳以下の方はカードローンは利用出来ないと思っておいたほうがよいでしょう。これは、法律で18歳未満のかたのローン契約は原則無効とされているからです。18歳以上の大学生、短大生、専門学校生などは、バイトしていれば大丈夫なカードローン会社は多々あるようです。

■学生がカードローンを利用する際の注意点

学生の場合、親に内緒で借りたいというケースが多いですよね? そういった時でも、対応出来るカードローン会社もいくつかあるようです。親に内緒でカードローンを利用するのであれば、短期で借りて即返せるカードローン会社を利用するのがよいでしょう。また、カードローン会社はよくリボルビング払いを勧めてきますが、これは学生には負担が大きいのであまりお勧めは出来ません。

■学生のカードローンは返済に注意!

先述したとおり、カードローン会社はリボルビング払いを勧めてくるところが多いですが、これは学生向けとは到底言えないので辞めた方が無難です。学生がカードローンを利用する際は、短期で少額を借りて、バイト代が入ったら即返すのがよいと言えるでしょう。

急にお金が必要な時はカードローン

急病、冠婚葬祭など、急にお金が必要になる場面というのは意外と多いものです。定期預金を切り崩して間に合わせる方法もありますが、折角積み立てた定期預金を解約するのも困りますよね。そういった時に便利なのがカードローンと言えるかもしれません。

■緊急性の高い出費に最適なカードローン

カードローン自体も、このような緊急性の高い出費に対応出来るよう、申し込みも審査もスピーディになっているのが特徴といえます。インターネットだけで申し込み、審査、融資までワンストップで提供している会社も多いのが特徴です。また、インターネットだけではなく、店舗で受け付けているところでは、即融資が可能なところもあるので、急ぎの場合はそういった利用もありかもしれません。

■すぐ借りてすぐ返すのが賢いカードローンの使い方

カードローンは、すぐ借りることが出来る分、カーローンなどと比べると金利が若干高い特徴がありますので、すぐ借りてすぐ返すのが賢い利用法といえます。また、カードローン会社の中では、一ヶ月以内の借り入れであれば、金利が0のところもあるので、そういった会社を利用するのもよいでしょう。

■前もって申し込んでおくのもカードローンのメリットなのか?

このように、急な出費でも対応出来るのがカードローンの特徴なので、今はお金が必要じゃなくても、前もってカードローンを申し込んで、カードだけ作っておくのもよいかもしれません。カードさえ作っておけば、いつでもATMで借りられて、いつでもATMで返済も出来ますので、普通預金の余裕のないかたはカードローンを申し込んでおいてもいいかもしれないですね。但し返済は計画的に利用するのが肝要なので、借りすぎないように注意することも大切と言えます。

銀行とカードローンの違い

「カードローン」最近よく聞きますが、銀行との違いがよくわからないかたも多いと思います。また、銀行自体もカードローンを提供していますので、余計に混乱するかもしれません。そこで、簡単に銀行とカードローンの違いを説明しますね。

■そもそも銀行とは?

銀行はみなさんご存じの通り、お金を預けたり貸したりなど、お金に関する様々な手続きや利用が出来る金融機関です。勿論銀行も先述の通りカードローンも提供していますが、銀行はお金を預かったり、融資を受けたりするのが主業務と言えます。

■カードローンとは?

カードローンは銀行の業務とは異なり、「お金を貸す」ことに特化したサービスと言えます。提供している会社も銀行系、ノンバンク系、消費者金融系などと言った様々な会社が提供しているのも特徴と言えます。

■銀行とカードローンの大きな違いは?

カードローンは銀行と違い、お金を預けるといったことが出来ません。あくまでお金を借りることに特化したサービスがカードローンと言えます。また、銀行の住宅ローンやカーローン、学資ローンなどと近い、少額で短期間の利用を前提としているのもカードローンの大きな特徴と言えます。

■カードローンの利用シーンは?

カードローンはその性格上、急な出費などで短期で利用するなどに滝していると言えます。例えばボーナス前に欲しいものがセールで売っているなど、そういった利用シーンが考えられます。長期で大きな買い物などの融資が通常の銀行、短期で小さな買い物などに利用するのがカードローンと認識しておけばよいでしょう。

主婦に最適なカードローン

主婦に最適なカードローンは、各カードローン会社が提供しています。具体的にはレディースローンと言われているものになります。女性しか借りられないサービスなので、勿論主婦も借りることが出来ます。

■主婦がカードローンを利用するのに必要なポイント

主婦がカードローンを利用する場合、特に専業主婦ではご主人様の収入や勤務年数などが必要になってきます。逆に言えば、ご主人様がしっかり働いているかたであれば、利用することは可能と言えるでしょう。

■主人に内緒で借りることが出来るの?

結論から言うと、出来る会社が殆どのようです。特にレディースローンを謳っているところでは、内緒で借りることは可能と考えていいでしょう。ただ、夫婦間で内緒にしていると、色々とトラブルになる可能性もありますので、そこは十分留意してくださいね。

■主婦でカードローンを利用する際に気を付ける点

主婦は何かと急な出費などでお金が必要になることもありますね。そんな時に便利なのがカードローンです。ただ、前述通り主人に内緒で借りたい場合もありますよね? そういう時でもカードローンなら、インターネットで申し込みが出来るので明細などをネットやメールで確認することも出来ます。郵便物を最小限にすることが出来るので、便利と言えますね。

■レディースローンと通常のカードローンの違い

レディースローンは女性のみ利用出来るサービスなのですが、金利などで優遇されていることが多いのが特徴です。他にも女性が利用しやすいサービスを各社提供していますので、主婦のかたに最適のカードローンと言えます。

審査が甘いカードローン

よく、カードローンはクレジットカードより審査が甘いと言われています。そのような広告などもインターネット上では目にすることもあるのではないでしょうか?では、何故クレジットカードよりカードローンのほうが審査が甘いのでしょうか?

■クレジットカードとカードローンの審査の違い

クレジットカードはその性格上、長期に渡って末永く使って欲しいサービスなので、キチンと返済出来る能力があるのかをかなり重視します。働いていても、会社での役職、勤務継続年数、年収など、細かい点をチェックし、問題ない人だけが審査に通ることが殆どです。それに対しカードローンでは、短期の利用者が多いため、また、クレジットカードが利用出来ない人にも会社の競争上サービスを提供したいため、審査がクレジットカードよりも緩めな傾向にあるようです。

■クレジットがダメでもカードローンなら大丈夫?

所謂ブラックリストに載っているかたは難しいですが、クレジットカードの審査とカードローンの審査は自社審査に違いがあるので、クレジットの審査がダメなかたでも、カードローンの審査なら通ることが多いようです。但し気を付けて頂きたいのは、短期間に大量の会社に申し込むのは避けたほうがよいようです。というのも、審査機構に申し込みがあったという記録が残るため、会社によってはそれで審査に通らないこともあります。

■カードローンの審査のまとめ

このように、カードローンはクレジットカードなどの他の金融系サービスより、審査が甘いと言えます。ただ甘いと言っても、会社により差があるので心配な方は電話などで問い合わせるとよいかもしれませんね。

審査スピードが速いカードローン

カードローン、気になるのは審査がどれくらい速いのかですね。折角申し込んでも、審査が遅いと必要な時に間に合わないこともありえます。ですがカードローンの場合、銀行と違って審査が速いのが特徴になります。どれくらい審査が速いか、一般的な銀行の融資と比較してみましょう。

■銀行のローンとカードローンの違い

一般的な銀行の融資の場合、身分証明書に所得証明書などが必要になることが多く、場合によっては保証人も必要なことがあります。そして審査に1週間以上かかることも少なくありません。ですがカードローンの場合、店舗やインターネットですぐ審査の結果が出ます。店舗の場合だと1時間以内、インターネットの場合でも数時間で結果が出るところが殆どです。このように、カードローンは審査スピードが速いというのがわかります。

■カードローンは何故審査スピードが速いのか?

カードローンの審査が速い理由としては、保証人不要、高額でなければ所得証明書が不要という点が理由として挙げられます。また、ネットで申し込み出来る点も大きいでしょう。なお、銀行の融資とカードローンを先ほど比較しましたが、最近では銀行も審査の速いカードローンを提供していますので、銀行のカードローンを利用してもよいでしょう。結論として、カードローンは審査が速いのが特徴なので、計画的に利用すると便利と言えるのではないでしょうか?

来店不要!インターネットでカードローン

カードローンを借りたくても、電話が苦手、そして来店も対面が苦手な方っていますよね。来店が苦手な人の特徴として、その場で断られたら気まずいというのがあるようです。そういった方向けに、インターネットで借りられるカードローンがたくさんありますので、利用を検討するのもよいかもしれません。

■インターネットで借りられるカードローン会社

例えば、オリコやプロミスなどがインターネット上では有名です。他にも、モビットや様々な会社が銀行系、ノンバンク系、消費者金融系を問わずインターネット上で借りられるカードローン会社がたくさんあります。

■インターネットでカードローンを借りる方法は?

基本的には、借りたいカードローン会社の公式サイトにアクセスし、そこに個人情報などを入力するだけで大丈夫です。殆どのカードローン会社は、ネットで申し込みが完了し、審査が通れば電話がかかってくるという流れのようです。電話も携帯、自宅、職場と選べるようになっているので、家族などに知られたくない時にも便利ですね。

■インターネットでカードローンを利用するとき、身分証明書の確認は?

これは、カードローン会社によって様々な方法があります。カードローン会社からキャッシングカードを受け取る時、運送会社の人に見せる方法、身分証明書をスキャナで取り込み、カードローン会社に送る方法などがあるようです。どちらにしても来店は不要なところが殆どです。

オススメのカードローン

様々な用途に使えるカードローンですが、オススメとなると色んな会社が色んなサービスを提供しているので、一概には言えないところがあります。しかし、カードローンの用途によって、オススメのサービスは変わってきます。

■超短期間での利用の場合

1ヶ月程度の利用であれば、プロミスやノーローンなどが提供している1週間〜1ヶ月以内に返済すれば金利がかからないカードローン会社を利用するのがオススメと言えます。即借りて即返せば金利がかからないというのは、短期間での利用に大変適しているといえるでしょう。

■長期で利用する場合

已むを得ず、長期でカードローンを利用したい場合は、金利の安いカードローン会社がオススメになります。金利の上限は利息制限法で定められていますが、下限の金利は会社によってそれぞれなので、金利が少しでも安いところがよいでしょう。また、返済方法も毎月定額や、リボルビング払い、ボーナス一括払いなど様々な方式があるので、あなたの返済計画に適した返済方法を選ぶのがオススメです。

■オススメのカードローン会社のまとめ

カードローンを利用するにあたって、オススメと言えるのは以下のポイントを押えている会社と言えます。

1.短期間の融資では金利がかからない
2.返済方法が色々と選べる
3.金利が安い

ただ、これを全部満たしている会社は少ないので、前述のように利用する人の利用形態によって重視するポイントを変更するのがよいと言えます。

カードローンするには何時迄に申しめばいい?

カードローン、必要な時に必要なだけ借りることが出来る便利なサービスですが、申し込みが何時迄なのかも気になりますよね。実は殆どのカードローン会社が、インターネットでの申し込みの場合、24時間いつでも受け付けています。ただ24時間受け付けているといっても、いくつか注意する点もあります。

■いつでも申し込み出来るカードローンの注意点

いつでも申し込めるとはいえ、実際カードローンを利用するにはカードローン会社が発行しているカードが必要になったり、お金を下ろすATMも必要になります。カードの発行は早いところでも1週間程度かかる場合が殆どなので、急ぎの場合は近くに店舗のあるカードローン会社を利用するのがよいでしょう。また、提携ATMも土日祝は借りられないところもあるので、提携ATMがどれくらいあるかも事前に調べておくほうがよいでしょう。

■深夜、土日祝日も申し込みできるの?

何時迄に申し込めるか気になるカードローンですが、インターネットを使えばいつでも申し込めるところが殆どのようです。インターネットがあればいいので、スマートフォンやタブレットからでも申し込めるのもメリットと言えます。深夜、出先で申し込みたい時など、手持ちのスマートフォンから申し込めるは便利ですね。

■カードローンはいつでも申し込めます!

このように、いくつか注意点はありますがカードローンはいつでも申し込みが出来るという特徴があります。ただ即借りられるところは、平日の夕方までというところが多いので、その点にも留意して、早めに申し込んでおくのがよいでしょう.