総量規制で、審査が通らない!

【利用限度額よりも多額の融資を希望している場合】

消費者金融の場合は、「総量規制」というものがあります。
これは、貸金業法という法律によって定められているもので、
「借入合計金額が、年収合計の3分の1を超えないように規制する」というもの。

たとえば年収300万円の人の場合は、借入合計金額100万円が上限です。
そのため、100万円を超える融資を受ける事はできません。

すでに年収の3分の1以上の金額の融資を受けている場合は、借りすぎです。
ほぼ間違いなく、審査に通らないでしょう。

ちなみに、銀行のカードローンの場合は、総量規制は適用されません。
銀行には、貸金業法ではなく、銀行法が適用されるためです。

【複数の金融会社に申し込みをしている】

3社以上に同時に申し込みをしている人は、審査に落とされやすい傾向にあるようです。
「3社も同時に申し込むなんて、よっぽどお金に困っているのだろうか?」と思われると、「お金に困っている=返済にも困る可能性がある」と思われ、審査に通りにくいようです。

【それまでに不払いや延滞などをしている場合】

それまでに、返済の延滞や、不払いなどで、信用を失っている場合は、審査に通らなくなる可能性がグンとあがります。
金融業者も、会社として、きちんと確実に返済してくれる人を好みます。
そうなると当然、不払い暦や延滞暦のある、「返済しなかった過去がある・返済してくれない可能性がある人」に融資をしたくない、と思ってしまうものです。

特に3ヶ月以上の延滞がある場合は、ほぼ間違いなく審査に通りません。

他には、過去にローンを組んだことや、クレジットカードを持ったことのない30代以上の方が審査に通らないという事もあるようです。
というのも、過去の金融事故を隠すためであったり、偽装であったり・・・といった事が疑われるためです。

こういった方は、クレジットカードの利用履歴を作ると、信用を得やすいです。
審査のゆるい会社のクレジットカードを作って、使ってみるといいでしょう。

こういった方は住宅ローンでも不利になる事が多いため、もし将来、住宅ローンを組む予定があるならば、早めに上記のような対策を練られたほうが良いでしょう。